誰も読むことのない社蓄のインフォ http://gardandgerber.com My WordPress Blog Thu, 22 Dec 2016 06:24:15 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.5.7 留学費用を工面する方法 http://gardandgerber.com/?p=27 http://gardandgerber.com/?p=27#respond Thu, 22 Dec 2016 06:24:15 +0000 http://gardandgerber.com/?p=27 海外留学をする場合、その費用を捻出することが難しいために、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうという人も少なくはありません。そこで、海外留学をすることを目的としてお金を借りるという方法があります。

ローンは大きく4つに分けることが出来ます。それが、国の教育ローン・財形ローン・銀行などの教育ローン・何にでも利用することが出来るフリーローンです。国の提供している教育ローンや財形ローンは金利が低いというメリットはありますが、全ての人が利用することが出来るわけではないというデメリットがあります。銀行などが提供している教育ローンやフリーローンは、条件を満たしていれば、誰でも利用することが出来ることから、利用しやすいローンと言えるでしょう。
留学はこちらです。

海外留学を目的として、ローンを利用するという場合、申し込みをした上で審査を受ける必要があります。審査結果によっては、融資を受けることが出来ない可能性もありますので、注意が必要です。申し込みをする時には、一定の条件を満たしている必要があります。多くの場合は、安定した収入が求められますので、働いていない人では融資を受けることが出来ない可能性もあります。海外留学をするという場合、留学エージェントに相談し、様々な手続きを依頼するということもありますが、エージェントの中には信販会社と提携しているところもありますので、エージェントを利用する計画があるという場合には、検討しても良いでしょう。

]]>
http://gardandgerber.com/?feed=rss2&p=27 0
高校生がアメリカに交換留学生として行く長所と短所 http://gardandgerber.com/?p=23 http://gardandgerber.com/?p=23#respond Wed, 30 Nov 2016 05:16:45 +0000 http://gardandgerber.com/?p=23 高校生がアメリカに交換留学生として行くと、有名人のような扱いを受ける、噂好きの人が家族に会いに来る、などの長所があります。アメリカに留学する日本人は珍しいことから、学校の生徒達から好奇の目で見られます。

話しかけてくる人も大勢いることから、対応方法に悩むかもしれないです。英語が少しでも話せる時は、理解できていることを教えると、さらに人気が出ます。

また、日本の実家のほうに噂好きの人がやってきて、話を聞きにくることがあります。主に近所の人達や親友達ですが、その時はお茶を出してどの学校に留学となったのかを教えると良いです。電話番号などを教えると、親しい友人の中には、ホームステイ先に国際電話として連絡することもあります。
留学についてはこちらです。

驚くかもしれないですが、元気にやっていると伝えると喜ばれます。短所は英語に慣れないと生活しにくい、家族が恋しくなるなどです。アメリカは海外でもあることから、英語が使えないと話になりません。ただ、ホームステイ先か学校のほうに日本語を話せる人が必ずいるはずです。そのため、困った時は相談をすることにより、解決の糸口になります。また、留学してすぐの頃は物珍しさから楽しいと感じますが、徐々に家族が恋しくなる場合があります。その時は、日本の家族のほうへ電話をかけるとすぐに良くなります。1週間に1度、家族へ電話をする習慣を身につければホームシックにならなくて済みます。ただ、日本とアメリカには17時間近くの時差があるので注意です。

]]>
http://gardandgerber.com/?feed=rss2&p=23 0
留学で気を付けておきたいこと http://gardandgerber.com/?p=19 http://gardandgerber.com/?p=19#respond Fri, 04 Nov 2016 06:54:13 +0000 http://gardandgerber.com/?p=19 留学をする上で気を付けたいこととして
まず挙げられるのが留学期間中に日本人とばかりといることです。
留学をしても英語を話すことが出来ない理由の最も大きい理由がこれです。

初めは誰でも英語が出来るようになりたいからと
留学をするのですがあまり話すことが出来ない内は
つい同じ言語が通じる日本人同士で固まってしまいます。
日本人と仲良くすること自体は悪いことではないのですが
自分をコントロールしていく必要があります。
もしも自分は楽な方に流れやすいと感じる方は
日本人が少ない国や学校を調べるか
日本人がいる学校であっても外国人の友達を
必ず誘って出掛けるようにすると
英語を自然に使うようになるのでおすすめです。
基本的に授業は複数で受けることが多く
なかなか発言する機会がないこともあるため
授業以外でも英語を使う機会を作ることが大切です。
続いては長期間の滞在による慣れで怠けてしまうことがあります。
初めは意識を高く持っていたとしても人間は流れやすいものなので
最初は緊張していた学校やホームステイ先や街に慣れてきて
ある程度の語学力がついてきたときが一番怠けやすくなる時期です。
一番危ないとされているのは語学を学びに行く目的だけで3ヶ月以上滞在する人です。
3ヶ月未満であればすぐに帰国することになるので
時間を無駄にしないように気を引き締めることが多いですし、
3ヶ月以上滞在する人でも次のステップがあれば
ある程度の緊張レベルを維持することが出来ます。
そのため語学留学だけの場合でも目標を持っておくことが求められます。

]]>
http://gardandgerber.com/?feed=rss2&p=19 0
中期間の留学の特徴について http://gardandgerber.com/?p=13 http://gardandgerber.com/?p=13#respond Wed, 28 Sep 2016 15:20:39 +0000 http://gardandgerber.com/?p=13 留学と一言で言っても短期から長期まで期間の長さは様々で自分のニーズなどを配慮して選ぶことが求められます。

期間の長さによって出来ることは異なってきますが、1週間や2週間、1ヶ月などの短期間の留学と違い少しずつ余裕が出始めるのが2ヶ月目です。

2ヶ月経過すると少しずつ留学中に覚えた知識を活用することが出来るようになってきたり、1か月目までの観光意欲なども薄くなってくるのでより勉強に集中しやすい環境になります。勉強を始めた当初よりも英語が出来るようになっているという実感をすることが出来るのでここで勉強を辞めるのはもったいないと長期間の学習に切り替える学生が多いことも特徴として挙げられます。

続いて3ヶ月目に突入すると日常会話であれば英語を使いこなすことが出来るようになり自分で意思を伝えたり行動したりすることが出来るようになります。

人によって異なるものの留学の初めの方は英語が話せないこともあり日本人同士で固まったり授業中に発言しない人が多いです。

しかし徐々に慣れてきて英語を使うことに楽しさを見いだせるようになれば外国人の友達も増えてアクティブに活動できるので様々なことを経験することが出来ます。
そうなる期間が大体3ヶ月目だとされているので出来るだけ3ヶ月間は留学をすることをおすすめします。

このように短期間でも長期間でもない中期間は徐々に英語が楽しくなり始める時期とされておりしっかりと学習もしたいという方に向いています。

]]>
http://gardandgerber.com/?feed=rss2&p=13 0
留学のための勉強もインターネットを活用する http://gardandgerber.com/?p=9 http://gardandgerber.com/?p=9#respond Mon, 29 Aug 2016 07:31:37 +0000 http://gardandgerber.com/?p=9 今はインターネットでいろんなことができる時代ですが、留学の勉強に関してもインターネットで行うことができるのです。

では、一体どのようにして学習をすることができるのでしょうか。

例えば、オンライン英会話のようにパソコンの画面を通じて、
マンツーマンで語学の指導をしてもらえるサービスがあります。

英語だけでなく、ドイツ語やフランス語や中国語など、
いろんな外国語に対応していますから、自分が留学するつもりの国の言語を学ぶことができるのです。

どうしても在宅での学習の場合、
リーディングやライティングの学習に偏ってしまいますが、
このサービスならリスニングやスピーキングの学習も、
自宅にいながら取り組むことができるのです。

他に、SNSサービスを利用して、いろんな国の人と友達関係になることで、
コミュニケーション能力を養うこともできます。

ちょっとしたつぶやきや日記にも、
外国語でコメントをすることによって、語学力アップに繋がるのです。

あとは、インターネットで調べれば、
国際交流パーティーやイベントなどが、
日常的に募集されていることが分かるので、
そちらに参加をして積極的に交流してみるのもいいかもしれません。

インターネットを活用すれば、各国の文化や物価、
経済状況や治安なども調べることができますから、留学予定地の基本情報もしっかりと収集することができます。

やはり、ある程度の予備知識があった方が、安心して留学をすることができますから。

]]>
http://gardandgerber.com/?feed=rss2&p=9 0
留学に適した2つの年代とは http://gardandgerber.com/?p=5 http://gardandgerber.com/?p=5#respond Fri, 29 Jul 2016 09:39:10 +0000 http://gardandgerber.com/?p=5 留学に適した二つの年代があります。十代後半と三十代前半です。この二つの年代のどちらかに留学すれば、自分の人生の大きなプラスになることが多いです。

十代後半の留学では大学進学を目指しましょう。

大学に入って卒業することで、高度な英語力を身に付けることができます。
さらに大学で学んだことを生かして、就職の時に役立てることができます。

欧米の大学を卒業したら、自分の進む道が広がります。
日本に帰ってきて就職しても良いですし、欧米で就職することもできます。

その時に大きなメリットになるのが、日本語と英語の両方ができることです。
日本で生活していたら実感できませんが、欧米では英語と日本語ができる人材は貴重なのでいろいろな会社で優遇されます。

30代の前半も留学に適した年代です。この年代だったら、
大学院に入って専門的な知識を学ぶのが最善の方法です。

仕事のキャリアは途切れてしまいますが、ビジネスに役立つ経済や法律の知識を大学院で学ぶことができたら、転職の際に有利になります。

これまで勤めていた会社を辞めなければならないので、勇気がいりますが留学に成功したらやめたハンディキャップは取り戻すことができます。
真剣に勉強して、英語力だけではなく、実践的な知識を身につけるようにしましょう。

この年代の方は会社で働いた経験があるので、それに英語の能力と実務的な知識が加わったら、ビジネスの場で評価されることが多いです。欧米で就職することを考えても良いでしょう。

]]>
http://gardandgerber.com/?feed=rss2&p=5 0