中期間の留学の特徴について

books-690219_1280

留学と一言で言っても短期から長期まで期間の長さは様々で自分のニーズなどを配慮して選ぶことが求められます。

期間の長さによって出来ることは異なってきますが、1週間や2週間、1ヶ月などの短期間の留学と違い少しずつ余裕が出始めるのが2ヶ月目です。

2ヶ月経過すると少しずつ留学中に覚えた知識を活用することが出来るようになってきたり、1か月目までの観光意欲なども薄くなってくるのでより勉強に集中しやすい環境になります。勉強を始めた当初よりも英語が出来るようになっているという実感をすることが出来るのでここで勉強を辞めるのはもったいないと長期間の学習に切り替える学生が多いことも特徴として挙げられます。

続いて3ヶ月目に突入すると日常会話であれば英語を使いこなすことが出来るようになり自分で意思を伝えたり行動したりすることが出来るようになります。

人によって異なるものの留学の初めの方は英語が話せないこともあり日本人同士で固まったり授業中に発言しない人が多いです。

しかし徐々に慣れてきて英語を使うことに楽しさを見いだせるようになれば外国人の友達も増えてアクティブに活動できるので様々なことを経験することが出来ます。
そうなる期間が大体3ヶ月目だとされているので出来るだけ3ヶ月間は留学をすることをおすすめします。

このように短期間でも長期間でもない中期間は徐々に英語が楽しくなり始める時期とされておりしっかりと学習もしたいという方に向いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *