留学で気を付けておきたいこと

numbers-738068_1280

留学をする上で気を付けたいこととして
まず挙げられるのが留学期間中に日本人とばかりといることです。
留学をしても英語を話すことが出来ない理由の最も大きい理由がこれです。

初めは誰でも英語が出来るようになりたいからと
留学をするのですがあまり話すことが出来ない内は
つい同じ言語が通じる日本人同士で固まってしまいます。
日本人と仲良くすること自体は悪いことではないのですが
自分をコントロールしていく必要があります。
もしも自分は楽な方に流れやすいと感じる方は
日本人が少ない国や学校を調べるか
日本人がいる学校であっても外国人の友達を
必ず誘って出掛けるようにすると
英語を自然に使うようになるのでおすすめです。
基本的に授業は複数で受けることが多く
なかなか発言する機会がないこともあるため
授業以外でも英語を使う機会を作ることが大切です。
続いては長期間の滞在による慣れで怠けてしまうことがあります。
初めは意識を高く持っていたとしても人間は流れやすいものなので
最初は緊張していた学校やホームステイ先や街に慣れてきて
ある程度の語学力がついてきたときが一番怠けやすくなる時期です。
一番危ないとされているのは語学を学びに行く目的だけで3ヶ月以上滞在する人です。
3ヶ月未満であればすぐに帰国することになるので
時間を無駄にしないように気を引き締めることが多いですし、
3ヶ月以上滞在する人でも次のステップがあれば
ある程度の緊張レベルを維持することが出来ます。
そのため語学留学だけの場合でも目標を持っておくことが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *