留学に適した2つの年代とは

knowledge-book-library-glasses

留学に適した二つの年代があります。十代後半と三十代前半です。この二つの年代のどちらかに留学すれば、自分の人生の大きなプラスになることが多いです。

十代後半の留学では大学進学を目指しましょう。

大学に入って卒業することで、高度な英語力を身に付けることができます。
さらに大学で学んだことを生かして、就職の時に役立てることができます。

欧米の大学を卒業したら、自分の進む道が広がります。
日本に帰ってきて就職しても良いですし、欧米で就職することもできます。

その時に大きなメリットになるのが、日本語と英語の両方ができることです。
日本で生活していたら実感できませんが、欧米では英語と日本語ができる人材は貴重なのでいろいろな会社で優遇されます。

30代の前半も留学に適した年代です。この年代だったら、
大学院に入って専門的な知識を学ぶのが最善の方法です。

仕事のキャリアは途切れてしまいますが、ビジネスに役立つ経済や法律の知識を大学院で学ぶことができたら、転職の際に有利になります。

これまで勤めていた会社を辞めなければならないので、勇気がいりますが留学に成功したらやめたハンディキャップは取り戻すことができます。
真剣に勉強して、英語力だけではなく、実践的な知識を身につけるようにしましょう。

この年代の方は会社で働いた経験があるので、それに英語の能力と実務的な知識が加わったら、ビジネスの場で評価されることが多いです。欧米で就職することを考えても良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *