• ガス料金が適正なのか疑問に思ったら

    家庭において一般的に供給されているのは、都市ガスと呼ばれるタイプのガスです。

    もう一つ、ガスにはプロパンガスというのがあり、供給方法も違えば、料金も異なります。

    お客様に相応しいガス料金に関する詳細です。

    さらには、ガスそのものの火力も違うのが特徴です。


    ほとんどの街で都市ガスが供給されていますが、小さな地域では町全体がプロパンガスを使っているということもあります。
    都市ガスは地下にガス管が通されており、これを通って各家庭に供給されますが、人口の少ない地域や、もともとプロパンガスを使ってきたという地域ではガス管の工事が行われず、結果的に都市ガスではないということになってしまったと考えられます。



    都市ガスとプロパンガスの最も大きな違いは、ガス料金の値段です。

    都市ガス自由化に先駆けて自由競争のもとで提供されてきたプロパンガスは、都市ガスよりも高めな上に、業者によって料金に差があるのが特徴です。



    今や都市ガスも自由化されたことから、より安いガス会社を選んで契約することができますが、プロパンガスの値段に差があるのは、早くから当然と考えられていました。

    競合相手が少ない地域で高めに設定されていたとしても、比較対象が少ないことからプロパンガスのガス料金とはこういうものだという意識が利用者の間に定着していたことは事実です。そこで、最近はプロパンガスの料金が都市ガスと比べて大きな差が出ないよう、適正料金にしようという動きも出てきています。


    プロパンガスを使っている人は、一度ガス料金が適正かどうか、調べてみるのがいいでしょう。